より効果的な名刺のデザインとはこういったもの

毎日のように取引先やお客様に渡している名刺は、相手の方に自分たちをアピールすることのできる素晴らしいツールです。直接会って別れた後にも、相手の手元にずっと残るものですから、できる限り印象に残る、目に留まるようなものにして、自分たちのお店や会社をアピールしたいものです。そのために、オリジナルの名刺を作成する際どのような点に気をつけて作成すればよいのかを知っておくと良いでしょう。簡単なポイントを押さえるだけでインパクトを与えることができ、お店や会社の知名度や信頼度、売上アップが期待できます。シンプルなデザインも良いですが、ありふれた内容や見た目では相手の印象に残りにくいです。他のライバル会社の中で埋没してしまわない、効果的なデザインのものを作成しましょう。

必要な情報を漏れなく、かつ見やすく配置する

作成するときにまず重要なポイントは、必要な情報が漏れのないように記述されているか、ということです。必要な情報とは、会社名、氏名、役職名、部署名、住所、固定電話もしくは携帯番号とFAX番号、メールアドレス、ホームページのURLです。これだけの量の情報を小さい紙面上に記載することになります。相手にごちゃごちゃして分かりにくい、と感じられないようにしましょう。例えば一番目立たせたい会社名と氏名の文字だけ大きくし、そのほかを小さめに設定すると伝えたい情報に優劣が付くため見やすくなります。また、文字のフォントの種類や太さを変えるだけでも印象が変わってきます。かたい印象を与えたいのか、それともオープンで親しみやすい印象を与えたいのかを見極めて使い分けましょう。

相手の目を引くロゴマークや企業概念を取り入れる

さらに他とは違った名刺をつく際のポイントとして、記載する内容やデザインにもこだわってみるとよいでしょう。例えば、一目であの会社だと分かってもらえるようなロゴマークは効果的です。もしも自分のお店や会社にロゴマークがない場合は、思い切って作成するのもいいでしょう。多色刷りが可能ならば、ロゴマークの部分だけ色を変えるとより相手の目にとまりやすくなります。さらに、自分たちの企業理念を記載するのも効果的です。どのようなお店もしくは会社なのか、どのような活動をしているのか、働くにあたってどのような考え方を大切にしているのかを示しましょう。表面は必要な情報でいっぱいになっているので、裏面を利用すると見やすいです。そのほかに相手の興味感心を引くためには、SNSの情報を記載するのも効果的です。