オリジナリティあふれるデザイン名刺の種類を紹介します

オリジナルの名刺は自分の個性をよりはっきり伝えてくれる重要なアイテムになります。始めて会った人にあなたの名前や連絡先を伝えることに役立ちます。会社から支給されるものだけではなく、自分のプライベート用に作っておくのも使いやすくておすすめです。記載内容ももちろん重要ですが、どのようなデザインにするかという事も大きなポイントになっていくのです。受け取った人の意識に残るもの、あなたの個性の伝わるようなものにしておくと良いでしょう。色や文字のサイズなども人の意思気に影響を与えるために大きなポイントになりますし、形なども変化させたりといったオリジナルな工夫を施すことができます。いろいろな素材や加工をうまく組み合わせて個性的なものを作り上げていきましょう。

形を考えてみるところから始めてみよう

名刺というと、どうしても四角くて無味乾燥なあの形を思い浮かべてしまいがちです。会社で使うビジネス用のものはそれで良いでしょうが、せっかくオリジナルなものを作るのですからちょっと独特なデザインのものにしていきましょう。そのためには形を大きく変えてみるということが有効です。まずわかりやすく形を変えるためには、角をカットしてみる、好きな形にカットしてみるということがおすすめです。相手が管理しやすいように、既存のものと同じような大きさにすることがおすすめではありますが、その中であれば形を変えることは容易でしょう。また、より多くの情報を盛り込もうとした場合、普通の大きさの2倍に作って二つ折りにし、ブック型にするという事もできるでしょう。こうした工夫でより楽しいものに仕上げることができます。

色や文字の入れ方にも工夫ができる

オリジナルな名刺を作る時に気にしておきたいのが色です。使う用紙の色によってもかなり大きく印象を変えることができるので、自分の雰囲気や理想を伝えられるような色のものを使うようにしてみましょう。用紙自体に柄が入っていたり、透かし模様などが入っていることもあります。そういったものを利用するだけで大きく印象が変わります。さらに、文字やマークの入れ方も工夫してみましょう。色を選んでカラフルに印刷することもできますが、箔押しにしたり、エンボス加工にしたりといったこともできます。箔押しなどはキラッと光って目立ちます。ちょっとひと工夫してあると受け取った時にいつもと違うなという印象を相手に与えられるでしょう。このように、いろいろな種類の加工をすることができます。このような加工を組み合わせて自分オリジナルのものを作成していきましょう。