オリジナルのデザインで名刺を作る方法や手順

名刺というとサラリーマンのイメージですが、今は会社員でなくても自己アピールのために作成するという人が増えています。ポケットに入ってしまう大きさの小さな紙ですが、その中で表現する方法はいくらでもあります。ここから広がっていく可能性も未知数です。でも、ここでインパクトがなければ、もらった人はすぐに存在を忘れてしまい、あっという間にゴミ箱行きになってしまう恐れもあります。そんな事態を防ぐために、どのようなオリジナルのものを作ればいいのか、それはどこで作ることができるのか、実際作るにはどのような手順を踏めばよいのかということを、順を追って一つずつ説明していきます。これを読めば、初めてでも失敗せずにインパクト抜群のものを作ることができるでしょう。

自分オリジナルの名刺を作る方法

作りたいと考えた時、今はパソコンが一家に一台はある時代なので、あとはプリンターがあれば簡単に自作することは可能です。パソコンに標準装備されているソフトだけでも、絵を入れたり字体を変えたり、レイアウトを工夫したりできます。これが最もコストのかからない方法でしょう。しかし、一見すれば自分で作ったものだとわかってしまいます。別に構わない、という人もいるかもしれませんが、やはりプロの業者が作ったものと比べてしまうと紙質や印刷の質、洗練度などが異なるため見劣りしてしまいます。手にする人にインパクトを与えることができ、印象に残るものを作りたいのであれば、やはりプロの業者に依頼することをおすすめします。用途に合わせて最適なものを作ってもらうことができます。

名刺を作っていくための手順とは

プロの業者に依頼するのはハードルが高そうに見えますが、意外と簡単です。業者の用意しているホームページ上で、まずは用途とデザインを選び、そこからはガイダンスに沿って入力していくだけで簡単に作成できてしまいます。細かいレイアウトを調整することもできますし、プレビュー機能で出来上がりを確認できるので失敗がありません。また、一度作成したデザインを保存しておいて、必要になったらまた同じものを注文するということもできます。住所や電話番号などが変更になった場合でも、簡単に修正できます。紙の質や印刷の質が良いのは当然のこと、さらにはレーザーカットを施すことによって装飾性を増すこともできます。カットデザインの入るものは珍しいので、受け取った人の印象に強く残るでしょう。