オリジナルデザインの名刺を作る際のコツや注意点

交換した時に相手の目を引くデザインの名刺を作りたいと思っていても、難しく感じている人も多いのではないでしょうか。オリジナル性の高いものを作ろうとしても、慣れないととにかく限られた紙のスペースに文字を詰め込んだり、写真や色を配置しすぎてごちゃごちゃしてしまいがちです。相手が見直してくれた時に、自分の住所氏名、アドレスなどの必要な情報も気がついてもらえないと意味がないので、簡単なようでいてとても難しいのです。変に要素を入れすぎるぐらいなら、これまでのシンプルなものの方が見やすいので喜ばれるぐらいです。要素を足すにしても、一つか二つぐらいにして、文字の配置を見直したりしていくことで、すっきりしていてスマートな印象を受けるものが作れるようになります。

どんな用途で使うものなのかでも変わる

名刺を使うシーンはこれまでのようなビジネスの場だけでなく、プライベートなどでもやり取りする機会が増えました。どこでも同じようなものを使っていてもいいのですが、用途に合わせてデザインを変えるのもおすすめです。ビジネスであればかっちりとしていて見やすさを優先して考えた方が相手にも好印象ですが、プライベートだと硬すぎるイメージを持たせてしまうでしょう。私的な場で使うのであれば、色もカラフルに仕上げたり、フォントも柔らかいイメージを持ってもらえるようなものをチョイスすることで雰囲気が優しくなることもあります。小さな紙ではありますが、自分のイメージを渡す分身のような存在でもあります。それを意識しながら用途で使い分けられるようにしてみるのも面白いでしょう。

バランス感覚のある一枚を作ること

相手の印象に残るようなものを作りたいと思っていても、結局から回りしているようなものしか出来上がらずに悩むこともあるでしょう。そんな時には、これまでもらったものを見直して、印象が良いと感じたものを幾つかピックアップしてみましょう。ビジネスシーンだと遊び心も入れつつ、適度なバランス感覚を持たせて余白もあり、見やすく仕上げてあるものが多いのではないでしょうか。お店のテンプレートを利用したり、デザインを他の人にお任せしてみるというのも一案です。一枚のスペースは本当に小さいですから、どんな文字を入れて、どれぐらいの大きさで入れれば相手に問題なく読んでもらう事ができるのかも考えてみましょう。相手に情報を過不足なく伝える事も忘れずに、色やイラスト、ロゴなども組み合わせて作ってみて下さい。